インフルエンザと乳酸菌

インフルエンザと乳酸菌の関係は、常識になりつつありますよね。乳酸菌の種類の中には、インフルエンザ予防に効果的とされる乳酸菌があり、インフルエンザシーズンには積極的に摂取することが望ましいといわれています。ここではインフルエンザにどうして乳酸菌が効くのか、調べています。インフルエンザ予防ワクチンを接種したのにインフルエンザに罹った、なんてことがなくなるようにぜひ乳酸菌で予防効果をアップしちゃいましょう。

なぜインフルエンザを予防してくれるの?

インフルエンザのシーズンになる前に摂取するのがよいとされる乳酸菌。症状が発症してからでは遅いかと思われるので、できれば10月から3月の間は免疫力を高めてくれるといわれている乳酸菌を意識的に摂取するようにしましょう。特に1073R-1乳酸菌、ラブレ菌、FK-23乳酸菌は、NK(ナチュラルキラーの略)細胞の働きをよくするために、インフルエンザ感染後の重症化が抑えられたりすることがわかっているそうです。勿論、乳酸菌の種類によっても効果は違いますが、最近の研究では、NK細胞のみではなく、免疫細胞全般の働きを高める乳酸菌があることもわかってきていうそうですから、今後は病気予防にさらに乳酸菌が注目されるようになるかも知れませんね。

インフルエンザを効果的に防ぐには?

インフルエンザを効果的に予防するためには、乳酸菌にプラスアルファで水分補給が大切なのだそうです。というのも、のどや鼻から取り込まれるウィルスは、体が乾燥状態になっているとウィルスを排除する力が減ってしまうために、感染しやすくなってしまうのだそうです。そこで、乳酸菌の摂取とこまめな水分補給がカギになるのですね。乳酸菌サプリメントにミネラルウォーターなどを常に持って歩くことで、子供たちからお年寄りまで、インフルエンザ感染のリスクを予防する効果が期待できるのです。ぜひ、今年のインフルエンザ対策には、乳酸菌と水の摂取を心掛けてみてくださいね。去年インフルエンザにかかってしまった方、今年の頭にインフルエンザにかかってしまった方も、その威力にびっくりされるはずです!?

Copyright(c) 2014 乳酸菌の効果を検証!乳酸菌の秘密 All Rights Reserved.