花粉症と乳酸菌

花粉症には、乳酸菌がよいとされていますよね。けれどなぜ花粉症が乳酸菌によって改善されるのかご存知の方は、少ないのではないでしょうか。私も知りませんでした!そこで、ここでは花粉症がなぜ乳酸菌によって改善されるのか、調べてみました。

花粉症のメカニズム

花粉症は、私たちの体が異物に対して過剰反応するときに起こります。そう、花粉に対して、私たちの自己防衛システムが過剰に反応し、免疫システムが花粉を排除しようと強力に働きかけるわけですね。花粉は体に害はないといわれていますが、私たちの体は花粉を異物と認識するために、体の中で花粉に対する抗体がつくられてしまいます。そしてこの交代によって、花粉を排除するためにいろいろな症状が引き起こされます。過剰反応を落ち着かせてくれる、と言われているのが、ヨーグルトや漬物などの発酵食品に含まれる乳酸菌なのです。

乳酸菌が花粉症の症状を緩和するシステム

人間の体の中は実によくできており、いろいろな働きをするためにはいろいろな細胞が指令を出して、他の細胞を動かしています。免疫システムの場合は、細胞のリーダーはヘルパーT細胞です。ヘルパーT細胞は、1型(Th1)と2型(Th2)があり、どちらか片方が増えると、もう一つのほうの型減ることでバランスをとっている仕組みになっています。花粉症の人は、Th2がTh1より多いのだそうで、Th2の増殖を抑える働きがあるのが乳酸菌なのだそうですよ。実際花粉症の方が、乳酸菌を多く摂取するとIgE抗体が減るため、花粉症の症状が改善されるといわれています。 また、花粉などのアレルギー物質は、口の中から体に取り込まれるのだそうです。そこで毎日乳酸菌を積極的に摂取し、善玉菌を増やしておくと、腸内免疫の働きで花粉などのアレルギー物質が体の中へ取り込まれるのを阻止してくれるそうなのです。

花粉症を乳酸菌で抑えるコツ

花粉症を乳酸菌で抑えるコツは、症状が出る前がカギです。花粉症シーズンの3か月程度前から、乳酸菌を積極的に摂取することで、花粉シーズンまでに抵抗力を作ることができるようです。

Copyright(c) 2014 乳酸菌の効果を検証!乳酸菌の秘密 All Rights Reserved.