ラクトフェリンの効果

ここでは、ライオンから発売されているラクトフェリンの効果について、ご紹介しています。

ラクトフェリンがおなかに良いわけ

そもそもラクトフェリンというのは、1939年にデンマークの科学者によって発見され、ラクトはミルクという意味、フェリンは鉄分という意味で名づけられています。赤みが買った色で牛乳の赤いタンパク質と呼ばれていたそうで、ラクトフェリンは哺乳類の乳のほか、涙や血液などに含まれ、人間にも牛の乳にも含まれています。一番ラクトフェリンが多いのが、出産直後の人間の乳で、こちらは牛の初乳の10倍、母乳中の1割から3割を占めるといわれています。だから赤ちゃんは、短期間でもググッと成長するわけですね。

ラクトフェリンの働きかける場所

実は現在のところ、ラクトフェリンがどういう作用をするのかについては、はっきりと解明されていないそうですが、腸ではたらくと言われ、腸の中でも小腸にあるラクトフェリンを受取る部位に届けられると考えられているそうです。そしてそのラクトフェリンの一部は、大腸に入ってビフィズス菌に役立つことがわかっているそうです。

効果的なわけは?

もともとラクトフェリンは、熱や酸に弱いとされ、一般的には胃酸で死滅してしまうといわれていますよね。それなら、ラクトフェリンを経口投与しても同じこと、と思われそうです。ところがライオンのラクトフェリンは、ラクトフェリンを特殊なコーティング技術でカバーすることで、胃酸で分解されずに腸までしっかりとどけられるよう、タブレットタイプを採用しています。1日3粒で、腸内環境をサポートできてしまうのが、魅力的ですね。ライオンのラクトフェリンは、お試しパックで10日間試すことができます。継続利用をすることで、効果を実感できるかと思いますが、まずはお試しをしてみて自分に合っているかどうか確認できるのがありがたいですね。また、ラクトフェリン自体は食品ですので、副作用はないとされていますが、体質やその時の体調などによっては、まれに身体に合わないこともあるそうです。商品パッケージやカタログなどで確認できる使用原材料をすべてチェックし食品アレルギーのある方や特に敏感な方は、少しだけ気を付けるようにしてくださいね。

Copyright(c) 2014 乳酸菌の効果を検証!乳酸菌の秘密 All Rights Reserved.